アンスネス、四半世紀を経てのショパン・アルバム。ショパン音楽の深奥をアンスネスで聴く醍醐味がここに。 最新盤「ショパン:バラード全曲&夜想曲」、9/26発売。

2018.09.24

アンスネス、四半世紀を経てのショパン・アルバム。
ショパン音楽の深奥をアンスネスで聴く醍醐味がここに。

ショパン:バラード全曲&夜想曲

レイフ・オヴェ・アンスネス
Chopin | Leif Ove Andsnes  


■品番 1CD:SICC-30491 ■発売日: 2018年9月26日 

■定価: ¥2,600+税 ■ Bluspec CD2 ■レーベル: Sony Classical 


【収録曲】
ショパン
1. バラード第1番 ト短調 作品23
2. 夜想曲第4番 ヘ長調 作品15の1*
3. バラード第2番 へ長調 作品38*
4. 夜想曲第13番ハ短調作品48の1
5. バラード第3番 変イ長調 作品47
6. 夜想曲第17番 ホ長調 作品61の1
7. バラード第4番 ヘ短調 作品52*

*2016年の来日公演で演奏された曲

【演奏】 レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアノ)


【録音】 2018年1月7日~12日、ブレーメン、ブレーメン放送、ゼンデザール
[レコーディング・プロデューサー]ジョン・フレイザー
[レコーディング・エンジニア]アーン・アクセルバーグ
[エディター]ユリア・トーマス



■ノルウェーの名ピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネスのソニー・クラシカル第5弾。2012年から2014年にかけての「ベートーヴェンへの旅」(ピアノ協奏曲全曲の演奏とレコーディング)、そして北欧の音楽家ならではの素敵なシベリウスのソロ・アルバムに続き、アンスネス四半世紀ぶりのショパン・アルバムです。

■アンスネスはデビュー当初の1992年にピアノ・ソナタ全集を含む2枚組のショパン・アルバムを発売していますが、フル・アルバムとしてショパン作品に取り組むのはそれ以来のことで、まさに36年ぶりのこと。しかもバラード全曲を夜想曲4曲と組み合わせるというまさに王道のプログラム。「この10年でショパンの音楽が以前よりもぐっと身近に感じられるようになった。それがちょうど4つのバラードの中で『聖なるグラール』としてこれまで弾いてこなかった、技巧的にもっとも複雑な第4番に挑戦する時期と重なった」と語るアンスネス。第2番と第4番のバラードは2016年の来日公演でも取り上げられ、絶賛を博した演目です。風格と深みとを兼ね備えた名手ならではのショパン・アルバムの登場です。

2019年3月 アンスネス来日公演日程
◎ソロ・リサイタル
3/18(月)東京オペラシティ コンサートホール ジャパン・アーツぴあ www.japanarts.co.jp
ヤナーチェク:草かげの小径にて 第1集/シューマン:3つのロマンス Op.28/ シューマン:謝肉祭 Op.9 ほか


◎ウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団 との ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
3/20(水)東京文化会館 大ホール  都民劇場 www.tomin-gekijo.or.jp
3/26(火)サントリーホール  ジャパン・アーツぴあ www.japanarts.co.jp
[3/26公演]一般発売11月3日(土・祝) ジャパン・アーツ夢倶楽部会員WEB 10月27日(土)、同TEL 10月28日(日) 
      ジャパン・アーツぴあネット会員 11月 1日(木)


rss