デレク・トラックス(32)が、米ローリングストーン誌(12月8日付最新号)の選ぶ「偉大なギタリスト100人」の第16位に選ばれました。

2011.12.01

トップ20で唯一の30代!史上最年少で選出された第81位からの大躍進

デレク・トラックスがこのローリングストーン誌の100傑に名を連ねるのはこれが初めてではありません。2003年には同ベスト100に当時史上最年少24歳で堂々第81位に選出されています。それから4年後2007年には、”次世代の3大ギタリスト”の1人としてジョン・メイヤー,ジョン・フルシアンテとともに表紙を飾っています。日ごとに圧倒的な存在感を増しているデレク・トラックスは今年2011年、新たな1歩を踏み出しました。
世界中のファンから熱望されていた、妻であり実力派シンガー&ギタリストのスーザン・テデスキとともに総勢11名からなる<テデスキ・トラックス・バンド>を結成し、デビュー・アルバムとなる「レヴェレイター」をリリース。「女性版オーティス・レディングとデュアン・オールマンの生まれ変わりの競演!」と絶賛され、現在アルバムを引っ提げての世界ツアー中。各地で新たなファンを増やし続けています。来年2月には来日公演も決定!
幼少の頃から“あのオールマンのブッチ・トラックスの甥”という枕詞と共に天才ギタリストとしてギター・フリークからの熱い視線を注がれてきたデレクも32才。今や、誰もが今世紀を代表するギタリストとして注目する存在となっています。「トップ3」に入る日もそう遠くはないかもしれない、と誰もが確信する今回のランキングです。

<偉大なギタリスト20傑 2011>ローリングストーン誌選
1.ジミ・ヘンドリックス
2.エリック・クラプトン
3.ジミー・ペイジ
4.キース・リチャーズ
5.ジェフ・ベック
6.B.B.キング
7.チャック・ベリー
8.エディ・ヴァン・ヘイレン
9.デュアン・オールマン
10.ピート・タウンゼント
11.ジョージ・ハリスン
12.スティーヴィー・レイ・ヴォーン
13.アルバート・キング
14.デヴィッド・ギルモア
15.フレディ・キング
16.デレク・トラックス
17.ニール・ヤング
18.レス・ポール
19.ジェームズ・バートン
20.カルロス・サンタナ

<2012年来日公演日程>
2月5日(日)名古屋クラブクアトロ 
2月7日(火)メルパルクホール 
2月8日(水)渋谷公会堂 
2月9日(木)渋谷公会堂 
(招聘:ウドー音楽事務所 http://udo.jp/)

<テデスキ・トラックス・バンド>CD
◇「レヴェレイター」絶賛発売中
CD:SICP3143  ¥2520

◇2月1日来日記念・日本独自企画スペシャル・エディション(CD+DVD)「レヴェレイター+」 
CD+DVD:SICP3405-6 \3000

Sony Music Shopはこちら!
rss