ピアニスト/作曲家 村松健
1962年東京生まれ、奄美在住。

ピアノをおもちゃ代わりに"日本の民謡"と“西洋音楽”そのどちらにも親しんで成長したことが、独自の懐かしい世界を育むことになる。大学在学中にデビュー、自作自演のスタイルで送り出したCDは34作。
20年前、蝶や唄そして精神世界に導かれ奄美に漂着。近作ではずっと伴奏楽器だったサンシン(奄美三線)をフィーチャーし、新しい音楽を島から世界に向けて発信している。
テレビCMはオンエア中の富士通企業CMやアフラックなど多数。近年は『うみものがたり~あなたがいてくれたコト』などアニメの劇中音楽も担当。横須賀FMやあまみFMに自らの番組を持ちパーソナリティを発揮。村松健の"Japanese Piano"は、優しくせつなく心の奥へと染み込んで、生まれたままの自分らしさを取り戻させてくれる。