ザックの新プロジェクトONE DAY AS A LION、フジロックFES来日に先駆け、ウォーミングアップ・ギグをLAにて緊急決行!

2010.07.21

7/23にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとして地元LAで約11年ぶりのライヴを行うザック・デ・ラ・ロッチャ。アリゾナ新移民法への反対を唱えるチャリティ・ライヴで、収益はアリゾナ州で移民の人権について取り組んでいる団体に寄付されるというが、なんとザックは自身の新プロジェクト、ワン・デイ・アズ・ア・ライオンとしても緊急ライヴを行った。




こちらはフジロックFESでお披露目されるワールド・プレミア・ライヴのためのウォーミング・アップ・ギグで、ライヴ実施が発表されたのが7/12、そして実際のライヴはその週末の2日間(7/17&18)という“超”緊急っぷり。さらに7/17のポモナはキャパなんと80人、翌日18日のLAライヴもわずか200人という激レア・ライヴ!
サポートのキーボード・プレイヤーとして、究極のノイズ・アート集団“ロカスト”のジョーイ・カラムを迎えた3人編成でステージに立ったワン・デイ・アズ・ア・ライオンは、初日には新曲を含む計9曲(約40分)を披露、翌LAギグのオーディエンスの中には、レイジ~のトム・モレロ(g)の姿もあったというから驚きだ。

ライヴは、オープニング「オーシャン・ビュー」から強烈なエネルギーが爆発、ザックはステージ上を所狭しとジャンプを繰り返しながら弾丸ラップを浴びせ、またジョン・セオドア(dr)の超絶ドラミングは、時にハードコア、時にフリー・ジャズのように変幻自在にリズムを操り、EPで聴くよりも格段にシャープで雄々しいものだっという。
また披露された新曲の中には、ボブ・マーリーを彷彿させるような新機軸のものがあったり、またステージ上でなんとザックが時折笑顔を見せることもあったそうで、レイジ~のそれとは明らかに異なる貴重なものだったとのこと。 

2010年年末にはニュー・アルバムの発売が予定されているというワン・デイ・アズ・ア・ライオンだが、一足前にその全容を体験できるのは、ここ日本でわずかあと10日後!
果たしてフジロックのステージではどんな楽曲を披露してくれるのか・・・?
ワールドワイド・プレミアとなるフジロックFES、さらに(LAでのライヴに負けず劣らずの)激レア単独公演をお見逃しなく!


ONE DAY AS A LION Japan tour 2010
7/31(土) 苗場:フジロック・フェスティバル10
8/3(火) 大阪:ビッグ・キャット
8/4(水) 名古屋:クラブクアトロ
8/6(金) 東京:代官山UNIT 【SOLD OUT!】
【問】SMASH

ONE DAY AS A LIONオフィシャル・サイト

なお、他のライヴ写真を↓のスタッフ・ブログへUPしたので、こちらも是非チェック♪
MOSHers delight「ついに解禁!」(携帯&PC共通)

rss