J.S.バッハ:シャコンヌ&チェンバロ協奏曲集 ドイツ・ハルモニア・ムンディ■バッハ名盤撰5
2005.06.22
アルバム
¥1,500+税
BVCD-38078

DISC 1

  • 1. シャコンヌ ニ短調 BWV1004~無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌによるスキップ・センペの即興
  • 2. チェンバロ協奏曲 第3番 ニ長調 BWV1054 I C
  • 3. チェンバロ協奏曲 第3番 ニ長調 BWV1054 II Adagio e piano sempre
  • 4. チェンバロ協奏曲 第3番 ニ長調 BWV1054 III Allegro
  • 5. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 I Ouverture
  • 6. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 II Allemande
  • 7. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 III Courante
  • 8. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 IV Aria
  • 9. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 V Sarabande
  • 10. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 VI Menuet
  • 11. パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828 VII Gigue
  • 12. チェンバロ協奏曲 第4番 イ長調 BWV1055 I Allegro
  • 13. チェンバロ協奏曲 第4番 イ長調 BWV1055 II Larghetto
  • 14. チェンバロ協奏曲 第4番 イ長調 BWV1055 III Allegro ma non tanto
レオンハルトの高弟で気鋭のチェンバリスト、センペのヴィルトゥオジティとセンスが光るシャコンヌのトランスクリプションと、自ら結成したアンサンブルとのチェンバロ協奏曲集! アメリカ生まれのチェンバロの気鋭スキップ・センペはアムステルダムでグスタフ・レオンハルトに師事して研鑽を積み、 パリでソロ活動を始める傍ら、ピリオド楽器アンサンブル、カプリッチョ・ストラヴァガンテを結成して注目すべき録音を続々と発表してきました。このアルバムは、無伴奏ヴァイオリンのためのあまりにも有名なシャコンヌのた即興を交えた演奏(バッハの時代には弦楽器作品のチェンバロへのトランスクリプションは一般によく行われており、レオンハルトも録音しています)に始まり、平行調のニ長調のチェンバロ協奏曲、パルティータが続いた後、5度上のイ長調の協奏曲で締めくくる良く考え抜かれた収録内容になっています。センペのヴィルトゥオジティとセンスが名曲に新たな光を与えています。 [演奏]  スキップ・センペ(チェンバロ:リュッカースのモデルによるブルース・ケネディ製) カプリッチョ・ストラヴァガンテ     [録音] 1993年5月、パリ、シュトゥディオ・デ・ラ・クレフ・ドゥ(フランス) DDD ジャンル:協奏曲(チェンバロ) 初発売日:1994/05/21 レコード芸術・推薦 解説:関根敏子


購入・ダウンロード

×