モーツァルト&ヘンデル名演集
2005.11.23
アルバム
¥3,800+税
BVCC-37456 ~ BVCC-37457

試聴

フルート協奏曲第1番ト長調K.313(285c) I. Allegro maestoso

DISC 1

  • 1. フルート協奏曲第1番ト長調K.313(285c) I. Allegro maestoso

  • 2. フルート協奏曲第1番ト長調K.313(285c) II. Adagio non troppo

  • 3. フルート協奏曲第1番ト長調K.313(285c)  III. Rondo. Tempo di Menuetto

  • 4. フルート協奏曲第2番ニ長調K.314(285d) I. Allegro aperto

  • 5. フルート協奏曲第2番ニ長調K.314(285d) II. Andante ma non troppo

  • 6. フルート協奏曲第2番ニ長調K.314(285d) III. Allegro

  • 7. フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調K.315(285e)

DISC 2

  • 1. フルート・ソナタ ト短調Op.1-2 I. Larghetto

  • 2. フルート・ソナタ ト短調Op.1-2 II. Andante

  • 3. フルート・ソナタ ト短調Op.1-2 III. Adagio

  • 4. フルート・ソナタ ト短調Op.1-2 IV. Presto

  • 5. フルート・ソナタ イ短調Op.1-4 I. Larghetto

  • 6. フルート・ソナタ イ短調Op.1-4 II. Allegro

  • 7. フルート・ソナタ イ短調Op.1-4 III. Adagio

  • 8. フルート・ソナタ イ短調Op.1-4 IV. Allegro

  • 9. フルート・ソナタ ト長調Op.1-5 I. Adagio

  • 10. フルート・ソナタ ト長調Op.1-5 II. Allegro

  • 11. フルート・ソナタ ト長調Op.1-5 III. Adagio

  • 12. フルート・ソナタ ト長調Op.1-5 IV. Bourree

  • 13. フルート・ソナタ ト長調Op.1-5 V. Menuetto

  • 14. フルート・ソナタ ハ長調Op.1-7 I. Larghetto

  • 15. フルート・ソナタ ハ長調Op.1-7 II. Allegro

  • 16. フルート・ソナタ ハ長調Op.1-7 III. Larghetto

  • 17. フルート・ソナタ ハ長調Op.1-7  IV. A tempo di Gavotti

  • 18. フルート・ソナタ ハ長調Op.1-7 V. Allegro

  • 19. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 I. Largo

  • 20. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 II. Vivace

  • 21. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 III. Presto

  • 22. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 IV. Adagio

  • 23. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 V. Alla breve

  • 24. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 VI. Andante

  • 25. フルート・ソナタ ロ短調Op.1-9 VII. A tempo di Menuetto

  • 26. フルート・ソナタ ヘ長調Op.1-11 I. Larghetto

  • 27. フルート・ソナタ ヘ長調Op.1-11 II. Allegro

  • 28. フルート・ソナタ ヘ長調Op.1-11 III. Siciliana

  • 29. フルート・ソナタ ヘ長調Op.1-11 IV. Allegro

20世紀フルート音楽の発展に大きく貢献した名手ガッツェローニのヘンデルとモーツァルトの快演が世界初CD化! 「20世紀のフルート音楽は彼のために書かれた」とさえ称された、フルート界の巨匠、セヴェリーノ・ガッツェローニ(1919-1992)。最初はほとんど独学でフルートを習得、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院で研鑽を積み、1945年ローマRAI交響楽団の首席奏者に就任。バッハやヴィヴァルディなどのバロック音楽だけでなく、同時代音楽の紹介にも積極的に取り組み、微分音奏法を開発するなど、その先鋭的な感覚は多くの作曲家にインスピレーションを与え、ブーレーズ、メシアン、マデルナ、ベリオからは作品も献呈されている。その表現力は多彩で、聞き古されたレパートリーからも全く新しい解釈を引き出してみせる。  当アルバムは、ガッツェローニが残したモーツァルトとヘンデルの代表的なフルート曲を収録しており、初出は1973年と1976年に録音された2枚分のLPである(それぞれSRA-2928とRVC-2047)。ヘンデルでは、やはり同郷の名手で、現代音楽を得意とするピアニスト、ブルーノ・カニーノ(1935年生まれ)が珍しくハープシコードを弾いているのが聴きものである。 セヴェリーノ・ガッツェローニ(フルート) 1.-3.山岡重信指揮カメラータ・アカデミカ東京 4.-9.ブルーノ・カニーノ(ハープシコード) [録音][CD1]1973年、[CD2]1976年 ・レーベル:RCA Red Seal ・ジャンル:器楽曲・協奏曲   ・オリジナル発売日:2005.11.23(JAP) ・世界初CD化


購入・ダウンロード

×