ジューダス・プリースト

1969年イギリスのバーミンガムにて前身となるバンド「FREIGHT」(イアン・ヒル、K.K.ダウニング在籍)を結成、後に「JUDAS PRIEST」に改名。1972年末に初代ヴォーカルのアル・アトキンスが脱退し、「HIROSHIMA」で活動していたロブ・ハルフォ-ドがイアン・ヒルの妹の紹介で加入する。インディペンデントのガル・レコードと契約し、1974年のアルバム『ROCKA ROLLA』でデビュー。

1977年にCBSレコード(現ソニーミュージック)に移籍、3rdアルバム『SIN AFTER SIN(背信の門)』でメジャー・デビュー。1978年に初来日。翌年の来日ではバンド初のライヴ・レコーディングを行ない、同年『UNLEASHED IN THE EAST(イン・ジ・イースト)』を発表。トム・アロムをプロデューサーに迎えて制作された1980年の6thアルバム『BRITISH STEEL』が世界中でブレイク、ロブ・ハルフォード自ら"メタル・ゴッド"と宣言する。1982年の8thアルバム『SCREAMING FOR VENGEANCE(復讐の叫び)』では初の全米チャートTOP20入りと全米のみで200万枚を超えるセールスを記録するなどさらなる高評価と商業的な成功を収め、ヘヴィ・メタル・シーンの頂点に君臨する。この作品は“第2のデビュー作”とも言われる。

1990年の傑作12thアルバム『PAINKILLER』の発表とそれに伴うツアーの終了後にヴォーカルのロブ・ハルフォードが脱退、ソロ・プロジェクト(FIGHT~2WO~HALFORD)を行なう。後任にはティム・オーウェンズが加入し2枚のアルバムを発表する。2003年にロブ・ハルフォードが電撃復帰。2011年、“最後のワールド・ツアー”と銘打った「エピタフ・ツアー」を前に、オリジナル・メンバーのK.K.ダウニング(G)が脱退、新たにリッチー・フォークナーが加入し現在に至る。リッチー・フォークナー初参加となった2014年の17thアルバム『REDEEMER OF SOULS(贖罪の化身)』が全米チャート6位とキャリア史上最高ランクを記録する。

2018年発表の18thアルバム『FIREPOWER』はプロデューサーに当代随一のメタル・プロデューサーでギタリストとしても活躍するアンディ・スニープと80年代のジューダス・プリースト全作品を手掛けたトム・アロムを実に30年ぶりに起用という驚きの二人共同プロデュース体制で制作。クラシックとモダンが見事に融合した鉄壁の鋼鉄神サウンドが絶賛され、アルバムは全米・全英チャートで共に5位(全英では『BRITISH STEEL』以来のTOP10入り)と前作の記録を更新するなど大成功を収める。

2021年9月より、延期されていた50周年記念ツアーを再開。10月に全カタログと未発表音源138曲を収めたCD42枚組のボックス・セット『50 HEAVY METAL YEARS OF MUSIC』を全世界3,000セット限定で発売する。

レザー・ジャケットにスタッズ、ハーレーダビッドソンというヘヴィ・メタル・ファッションを世界中に浸透させたオリジネイターであり、ブリティッシュ・ヘヴィ・メタルそのものを象徴する存在、それがジューダス・プリーストである。