H.E.R.O.
※写真左から
ソレン・イテノフ(G)
クリストファー・スティアネ(Vo&G)
アナス・“アンディ”・キルケゴール(Dr)
ヨハン・ウォーラート(B)

H.E.R.O.は2014年結成。クリストファー・スティアネ(Vo&G)、アナス・“アンディ”・キルケゴール(Dr)、ソレン・イテノフ(G)、そして今作よりこれまでにライヴにも参加していた、ヨハン・ウォーラート(B)が正式メンバーとして加入したデンマークの4人組ロックバンド。

既に同郷の大人気バンド“ディジー・ミズ・リジー”のサポート・アクトも経験し、本国のみならず海外でも注目集めている。日本においては、ショーケース・イベント「HOKUO LOUD NIGHT」への出演のため、2018年11月に初来日を果たす。世界に先駆けてデビュー前にいち早く見せたそのパフォーマンスは絶賛持って受け入れられ、来るべき日本デビューへ向けてのアピールとして充分すぎるほどの実力を遺憾なく発揮した。この来日がきっかけとなり、バンドは2019年1月にSLASH feat. Myles Kennedy and The Conspiratorsの日本公演のサポート・アクトに抜擢。日本デビュー前に2度目の来日を果たし、日本での勢いを見せつけた。

その勢いと共に、制作されたデビュー・アルバム『ヒューマニック』を2019年4月にリリース。特に日本では先行シングル「スーパーパワーズ」が全国各ラジオ局でパワープレイに選出され、4月度のラジオ・オンエアチャート(洋楽)で、並み居る大物アーティストをおさえて4週連続1位を獲得した。この快挙を受け、5月にクリストファーが緊急単独プロモーション来日を果たす。アコースティックギター1本を片手に、全国を5日間で回り、約40件以上のインタビューを敢行。普段は海外のアーティストを取り上げないようなメディアも、デンマークのフロントマンに熱いラヴコールを送った。

2020年には遂に念願の単独来日公演を東京、大阪で開催(1月31日(金)大阪・心斎橋 SOMA、2月1日(土)東京・代官山 SPACE ODD)。わずかデビューから一年足らずでの単独公演だったが、数多くのファンが彼らのために集まり、会場を熱い興奮で包んだ。そして4月1日に2ndアルバム『バッド・ブラッド』がリリース。前作よりわずか1年でリリースされるという、彼らの勢いを凝縮した作品はオリコン洋楽デイリーチャートで1位を獲得するなど、圧倒的な支持を得る。

その後に予定されていた母国でのツアーも成功が確約されていたが、コロナウィルスの影響でツアーは延期・中止に。この状況を受け、スタジオ・ライブ映像を急遽収録し配信、またドイツでは2ndALからの楽曲「アヴァランチ」「バッド・ブラッド」がスマッシュ・ヒット。

コロナ禍においても着実に活動し制作を重ねた新作が、満を持して今秋リリース予定だ。