ジョージ・セルのプロコフィエフ、タワーレコード x Sony Classical 究極のSA-CDハイブリッド・コレクションで3/28発売!

2018.03.27

タワーレコード x "Sony Classical"究極のSA-CDハイブリッド・コレクション
ヤナーチェク:シンフォニエッタ、プロコフィエフ:キージェ中尉、
コダーイ:ハーリ・ヤーノシュ
ジョージ・セル
Janacek: Sinfonietta, Prokofiev: Lieutement Kije, Kodaly: Hary Janos / George Szell  


■品番:SICC10252 ■ハイブリッドディスク1枚組|SA‐CD層は2ch

■発売日: 2018年3月28日 ■定価: ¥2,500+税 
■音匠レーベル使用 ■通常のプラスティック・ジュエルケース
■レーベル: Sony Classical ■日本独自企画 ・完全生産限定 ■世界初SA-CDハイブリッド化 


20世紀が生みだした個性溢れるオーケストラ曲の神髄を浮かび上がらせたアナログ時代の決定盤。

■20世紀が生んだ個性派オーケストラ曲3曲の名盤
20世紀前半に生み出されたきわめて個性的な相貌を持つ3曲のオーケストラ作品の「最も理想的な姿」として、発売当初から高い評価を得てきたジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団の極め付きの名演奏を1枚にカップリング。19世紀末、オーストリア=ハンガリー帝国の残照の中で生まれ育ったセルにとって、ヤナーチェクやコダーイなど東欧の作曲家の音楽はまさに母国語といえるべきものであり、その独特の音楽語法の魅力を余すところなく具現化しています。通常より遅めのテンポで明確なアクセントをつけて開始される「シンフォニエッタ」、あらゆる音楽的モチーフが明晰に浮き彫りにされてゆく「ハーリ・ヤーノシュ」、そしてクリーヴランド管の名技性を余すところなく発揮させ、多彩かつ幅広いダイナミック・レンジで描き切ったプロコフィエフの「キージェ中尉」と、セルとクリーヴランド管が成し遂げた20世紀オーケストラ芸術の究極の到達点をアナログ完成期の充実したサウンドで味わっていただけます。


■セルとしては珍しい20世紀音楽
セルは、クリーヴランド管音楽監督時代に「シンフォニエッタ」を、1946/47年、1954/55年、1961/62年、1965/66年と4シーズンにわたって取り上げていますが、「ハーリ・ヤーノシュ」と「キージェ中尉」を取り上げたのは1968/69年の1シーズンのみでした。コロンビアによる録音セッションは、3曲ともこれらの演奏会と並行して行なわれました。ヤナーチェクはバルトークの「管弦楽のための協奏曲」と組み合わされ、この2曲がLP時代の定番となりました。一方「ハーリ・ヤーノシュ」と「キージェ中尉」は、「Two Musical Fables」=「音楽のおとぎ話」というアルバム・タイトルで発売され、漫画っぽいイラストのジャケットが目を惹き、コロンビア・レコードのカタログにあったオーマンディ/フィラデルフィア管による同じカップリングのステレオ盤(1961/62年録音)と並び称される存在となりました。セルの演奏レパートリーは広かったにもかかわらず、クリーヴランド管時代のプログラミングはどちらかというと18~19世紀の古典派・ロマン派をメインに取り上げたため、保守的と批判されることも多く、20世紀作品はセルの録音自体それほど多いわけではないので、この3曲の名演はセルのディスコグラフィの中でも大きな意味合いを持つものといえましょう。いずれもセルにとって唯一の録音です。  

プロコフィエフとコダーイのアルバムのイラスト(リー・アルバートソン)。

■アナログ完成期の鮮明な「360サウンド」

いずれも「360サウンド」を標榜した、コロンビアのアナログ完成期のステレオ録音ならではの左右に大きく広がる鮮烈なサウンドがセルとクリーヴランドのダイナミック・レンジの広い演奏を見事に捉えきっています。「キージェ中尉」の冒頭で遠くから聞こえてくるトランペットのソロの空間性、「ハーリ・ヤーノシュ」第5曲で登場する民族楽器ツィンバロンのオーケストラとの見事なバランスなど、練達のコロンビアのエンジニアリング技術の賜物といえるでしょう。収録場所は1929年に完成し、1931年に開館したクリーヴランド管の本拠地であるセヴェランス・ホール。1844席を擁する名ホールで、ギリシャ新古典様式の外観とアールデコを思わせる優美な内観で、「アメリカで最も美しいコンサートホール」と称されてきました。1958年にセルのイニシアチブで全面的な改修が行なわれ、セルが施行する各パートの明晰さとヨーロッパ的ともいうべき暖かみのある適度な残響感を備え、録音にも適した会場となりました。セル&クリーヴランド管のコロンビア/EPICへのレコーディングは全てここで行なわれているため、演奏者のみならず、プロデューサーはポール・マイヤーズとアンドルー・カズディンの2人が分担していますが、彼ら以下エンジニアも含むレコーディング・スタッフは会場の音響特性を知り尽くした状況下で進められた理想的なセッションでした。


ヤナーチェクのシンフォニエッタは、ヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」とのカップリングでも発売された。

■リマスターについて
この3曲が初めてCD化されたのは、ブルックナー同様、1984~85年に発売された日本のCBSソニーによる「セル&クリーヴランドの芸術」シリーズの一環としてでした(ヤナーチェクは32DC211、プロコフィエフとコダーイは32DC218)。セルの没後30年となる2000年には、再び日本独自に企画されたセルの再発シリーズのために初めてDSDリマスターが行なわれました。今回はその2000年以来、18年ぶりにオリジナルの3チャンネル・マスターからアンドレアス・K・マイヤーによってリミックスとDSDリマスターが行なわれることになります。

■世界初SACDハイブリッド化。SACD層は2ch。音匠レーベル仕様。


ハリー・ヤーノシュのマスターの外箱。大きくFOUR TRACKと記されている。
[収録曲]
ヤナーチェク
1.シンフォニエッタ
コダーイ
2.組曲「ハーリ・ヤーノシュ」
プロコフィエフ
3.組曲「キージェ中尉」作品60


トニ・コヴェシュ=ジュタイナー(ツィンバロン)[2]、
デイヴィッド・ゾーダー(コルネット)、
デイヴィッド・パールマン(コントラバス)[3]

クリーヴランド管弦楽団
指揮:ジョージ・セル

[録音]1965年10月15日(1)、1969年1月10日&11日(2)、1969年1月17日&18日、クリーヴランド、セヴェランス・ホール
[オリジナル・レコーディング] 
[プロデューサー]ポール・マイヤーズ(1)、アンドルー・カズディン(2)(3)
[2018年リマスター] 
[アナログ・トランスファー、マルチ・トラック・マスターからのリミックス、リマスタリング・エンジニア] アンドレアス・K・マイヤー(マイヤーメディアLLC)

[初出]ML6215/MS6815[1966年1月17日発売](1)、MS7408[1970年2月24日発売](2)(3)
[日本盤初出]SONC10040[1969年2月発売](1)、SONC10243[1970年7月発売](2)(3)


■20ページのライナーノーツ: ①ジョージ・セル、クリーヴランド管弦楽団と指揮の極意を語る(1963年) ②増田良介「セルのヤナーチェク、コダーイ、プロコフィエフ」 ③ジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団演奏記録  ④曲目解説 歌崎和彦、坂清也  

■ジャケットデザイン
[ブックレット表]「キージェ中尉」「ハーリ・ヤーノシュ」収録の米国LP初出時オリジナル・ジャケット・デザイン使用
[バックカバー]「シンフォニエッタ」収録の米国LP初出時オリジナル・ジャケット・デザイン使用


「シンフォニエッタ」の2chプロダクション・マスターの外箱(今回は使わなかったもの)

■リマスタリング・エンジニア=アンドレアス・K・マイヤー(マイヤー・メディアLLC)

 リマスタリングを手掛けるのは、昨年のセルのベートーヴェン以来当シリーズのリマスタリングを一手に手掛けているアメリカ人のアンドレアス・K・マイヤー。マイヤーは長年ソニー・ミュージック・スタジオのエンジニアを務め、ジョシュア・ベル、ヨーヨー・マ、ニューヨーク・フィルなどのレコーディングに関わりつつ、SPから現代に至るさまざまな録音の復刻に携わってきました。現在は自ら「マイヤー・メディアLLC」を立ち上げ、レコーディング、マスタリング、そしてレーベルを主宰しています。
 グレン・グールドの録音のリマスタリングに深く関わり、日本での「グレン・グールド紙ジャケット・コレクション」(2007年)、「グレン・グールド・リマスタード~ザ・コンプリート・ソニークラシカル・アルバム・コレクション」(2015年)には全面的にリマスタリングを担当、グールド・サウンドの新たなスタンダードを作り上げています。また「ウラディミール・ホロヴィッツ 未発表ライヴ・レコーディング1966-1983」、「グレイト・モーメンツ・アット・カーネギー・ホール」、さまざまなアーティストの「オリジナル・アルバム・コレクション」など、ソニー・クラシカルのさまざまなリイッシュー・プロジェクトの実現にはかかせないエンジニアです。2017年に発売された「レナード・バーンスタイン~ザ・コンポーザー」ではグラミー賞を受賞しています(「ベスト・ヒストリカル・アルバム」)。
http://www.meyer-media.com/


■タワーレコード x "Sony Classical"究極のSA-CDハイブリッド・コレクション第4回 同時発売
ブルックナー:交響曲第3番&第8番/セル(2枚組)

https://www.sonymusic.co.jp/artist/GeorgeSzell/info/492993


プロコフィエフ:キージェ中尉、ヤナーチェク:シンフォニエッタ、コダーイ:ハーリ・ヤーノシュ/セル https://www.sonymusic.co.jp/artist/GeorgeSzell/info/492994


レスピーギ:ローマ三部作/オーマンディ

https://www.sonymusic.co.jp/artist/EugeneOrmandy/info/492990



rss