L'Arc~en~Ciel、大規模ワールドツアーもいよいよ折り返し!
初のロンドン公演&4年ぶりパリ公演にヨーロッパが熱狂!
そして、初のライヴベストDVD&トリビュートアルバムリリース決定!

2012.04.17

3月よりスタートした、L'Arc~en~Cielの約4年ぶりのワールドツアー「L'Arc~en~Ciel WORLD TOUR 2012」。
アジア公演を経て、3月25日にはアメリカ ニューヨークMadison Square Gardenにて日本人初の単独公演を行い、
大きな話題を呼んだことも記憶に新しい。そんなL'Arc~en~Cielが4月11日にイギリス ロンドンindigO2、
14日にフランス パリLe Zenithにてライヴを行った。

今回のヨーロッパ公演は、ツアー海外公演の折り返しにあたるライヴ。バンド史上初のロンドン公演である11日は、
英語バージョンで披露した「CHASE」や「X X X」でオーディエンスを大いに沸かせ、
「瞳の住人」「MY HEART DRAWS A DREAM」といったナンバーでは美しく壮大な世界観をアピールした。
初のイギリス公演とは思えないほどの熱狂と盛り上がりに、hydeが「You are the best!」と感激した面持ちで口にする一幕も。
ライヴの最後には、15年前にイギリスで制作されたL'Arc~en~Cielを代表する名曲「虹」を披露。オーディエンスを大きな感動に導いた。

約4年ぶりのパリ公演となった14日のライヴは、ヨーロッパ圏でも特にL'Arc~en~Ciel人気の高いフランスということもあり超満員に。
この日のステージでは「いばらの涙」「fate」「forbidden lover」など重厚なナンバーを連発してオーディエンスを圧倒していく。
その一方、「MY HEART DRAWS A DREAM」「あなた」などでは日本語での大合唱が起こり、会場との一体感も非常に高い一夜となった。
ライヴ開演前やインターバルの際には場内に観客の鳴らす足踏みが響き渡り、この日の熱狂を象徴するような光景に。
そんなオーディエンスの盛り上がりに応えるかのように、メンバーはそれぞれフランス語でのMCにも挑戦。
発音に苦労する様子を見せつつ、ファンとのコミュニケーションを楽しんでいた。

バンド結成20周年を迎え、前人未到の大規模ワールドツアー敢行中のL’Arc~en~Ciel。
そんな彼らのニューリリース情報がオフィシャルホームページにて発表された。
これまでのライヴアクトの中から20曲を厳選したL’Arc~en~Ciel初の映像版ベストセレクション ライヴベストDVDのリリースが決定!
BONUS TRACKとして未発売映像も収録予定!

DVD『LIVE TWENITY』
2012.6.13 OUT!
KSBL 6020  ¥3,920(tax in)
※収録曲等、詳細は近日発表!

さらに、初のトリビュートアルバムが、Ki/oon Musicよりリリース決定!世界各国から豪華アーティストが集結!

Tribute Album『L’Arc~en~Ciel TRIBUTE』
2012.6.13 OUT!
KSCL 2070  ¥3,200(tax in)

<参加アーティスト>(アルファベット順)
Boyz Ⅱ Men
Clementine
Daniel Powter
Eric Martin, John 5 (Gtr)
Maxi Priest
Orianthi
TLC
Vince Neil
ZEBRAHEAD

and more!

Produced by Marti Frederiksen

この後彼らは最新アルバム「BUTTERFLY」購入者を対象とした無料招待制ライヴを、4月20日に東京 LIQUIDROOM ebisuにて開催。
4月下旬にはシンガポール、ジャカルタ、ソウルでの各公演を行い、5月に日本国内で凱旋公演6公演を実施する。
リリース情報も楽しみながら、世界各国を熱狂させてきたL'Arc~en~Cielが、
待望の国内公演で見せるであろう“世界規模”のパフォーマンスも、今から楽しみにしておこう。
rss