カントリー・ロック界の重鎮、ジェイ・ファラー率いるサン・ヴォルトの実に7年ぶりにして、BMG移籍第1作を発表。心の隙間を持っている人々すべてが聴くべき、ほのぼの、しみじみと染み入るロック。



リーダーのジェイ・ファラー(vo,g,piano,harp)、デイヴ・ブライソン(dr)、アンドリュー・デュプランティス(bass, vo)、ブラッド・ライス(g)の4人組。日本ではまだ知名度も少ないが、その卓越したソング・ライティングと、安定した演奏力でアメリカでは絶大なファン・ベースを誇る。