花咲くアリゾナ
2008.02.20
アルバム
¥1,800+税
SICP-1694
マーク・リンゼイの初ソロ・アルバム、紙ジャケットで登場!

DISC 1

  • 1. Arizona
  • 2. Something
  • 3. Sunday Mornin' Comin' Down
  • 4. Love's Been Good To Me
  • 5. Small Town Woman
  • 6. First Hymn From Grand Terrace
  • 7. Miss America
  • 8. The Name Of My Sorrow
  • 9. Leaving On A Jet Plane
  • 10. I'll Never Fall In Love Again
  • 11. Man From Houston
マーク・リンゼイは1942年オレゴン州のユージーンで生まれ、アイダホで育ちました。十代の頃ポール・リビアに誘われてグループを結成。それがポール・リヴィアとレイダースというグループに発展し、1960年代から1970年代にかけてシングル・ヒットを連発、アメリカのトップ・グループとなりました。その後1970年初めに独立してソロ・シンガーとなり1970年のデビュー・アルバムが本作です。ジミー・ウェッブ、ロッド・マッケン、クリス・クリストファーソン、ジョン・デンヴァーなどカントリー系のソングライターたちの歌を取り上げ、またジョージ・ハリソンをカヴァーするなどソフト・ロックの夜明け的なアルバム制作をして注目を浴びた一枚です。

2008年DSDマスタリング / 米盤オリジナル紙ジャケット仕様 / 解説:歌詞:対訳付き / 完全生産限定盤

購入・ダウンロード

×