シングス・オペレッタ&ミュージカル
2016.04.06
アルバム
¥2,400+税
SICC-1959
21世紀のワーグナー歌い、その神の声が誘う至福の旋律!
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. 『伯爵夫人マリツァ』より「ウィーンへ愛をこめて」
  • 2. プラーター公園は花ざかり 作品247
  • 3. 「微笑みの国」より いつも微笑みを
  • 4. 「微笑みの国」よりリンゴの花輪を
  • 5. 「微笑みの国」より君はわが心のすべて
  • 6. ウィーン わが夢の街 作品1
  • 7. 「ロシアの皇太子」よりボルガ河岸に立つ兵士
  • 8. 「フリーデリケ」よりああ、お嬢様、私のお嬢様
  • 9. 「この世は美しい」より この世は美しい
  • 10. 「ウエスト・サイド・ストーリー」よりマリア
  • 11. 「ウェスト・サイド・ストーリー」より きっとどこかに
  • 12. 「レ・ミゼラブル」よりカフェ・ソング
  • 13. 「レ・ミゼラブル」より彼を帰して
  • 14. 「オペラ座の怪人」よりミュージック・オブ・ザ・ナイト
  • 15. 「チェス」よりアンセム
21世紀のワーグナー歌いとしてヨーロッパのオペラ・ハウスでひっぱりだこのフォークト。 ”神の声”といわれる限りなく澄んだ美声と風格あるたたずまいで ワーグナーの祖国ドイツが生んだ久々の本格派歌手として大活躍中だ。2012年「ヘルデン」、2013年「ワーグナー」アルバムに続くソニー・クラシカルからのソロ名義3作目は人気オペレッタと有名ミュージカル・ナンバーを収録。キャリアの初期に歌っていたというレパートリーから、お気に入りのナンバーをセレクトした全15曲。歌と芝居を愛する伝統があるドイツ出身のフォークトならでは、よく伸びる澄んだ声と説得力ある歌唱が堪能できる1枚だ。2012年6月大成功をおさめた「ローエングリン」を再び新国立歌劇場で歌うため5月に来日が決定。2013年3-4月東京・春・音楽祭以来の来日となる。


購入・ダウンロード

×

CDを購入