「究極のスーパー・メタル・バンドだ」―――米Revolver誌

「『ヘルイェー』は、『Vulgar Display of Power/俗悪』以来、オレにとって最高のコラボレーション作だ」
―――ヴィニー・ポール(ヘルイェー/元パンテラ)

伝説的ヘヴィ・バンド<パンテラ>と、パンテラ風サウンドをアップデイトさせ続ける人気グループ<マッドヴェイン>のメンバーらによるニュー・バンドがこの<ヘルイェー>だ。メタリカ以降のヘヴィ・ミュージック界に大いなる革新をもたらし解散(2003年)後も絶大なる影響力を誇る超重要バンドのパンテラ。極めて過激な音楽性にも関らず、そのズバ抜けた独自性と、曲構成のシンプルさ・キャッチーさを武器に、3rdアルバム『Far Beyond Driven/脳殺』を全米1位に叩き込み全作品のトータル・セールスは1,400万枚を超える。解散後、オリジナル・メンバーであるヴィニー・ポール(ds)は、弟のダイムバッグ・ダレル(g/元パンテラ)らと<ダメージプラン>を結成し活動していたが、2004年12月、ダイムバッグが不慮の事故で死亡し、バンド活動の休止を余儀なくされていた。この度、2005年にリリースした3作目『ロスト・アンド・ファウンド』が全米初登場2位を記録したマッドヴェインのメンバーであるチャド・グレイ(vo)とグレッグ・トリベット(g)のほか、パンテラやマッドヴェインともツアー経験のあるワシントンDC拠点のヘヴィー・バンド<ナッシングフェイス>のトム・マックスウェル(g)、ジェリー・モンタノ(b/元ダンジグ)と、この<ヘルイェー>を始動させることとなった。

チャド・グレイによれば「オレたち全員にとってこれはマストでやるべきプロジェクト」だったという。
さらに、パンテラの重厚なリズムを支えたヴィニー・ポールは「ヤツらと作った素晴らしい音楽は、オレが敬愛する音楽とはまさにコレなんだってことを思い出させてくれた。『ヘルイェー』は、(パンテラの2ndアルバム)『Vulgar Display of Power/俗悪』以来、オレにとって最高のコラボレーション作だ。そのヴァイブはポジティヴな“おまえら蹴散らしてやるぜ”的アティテュードなんだ。早くツアーに出たいぜ!」と語っている。