agraph

牛尾憲輔のソロユニット。
2003年、石野卓球との出会いから、電気グルーヴ、石野卓球、DISCO TWINS(DJ TASAKA+KAGAMI)などの制作、ライブでのサポートでキャリアを積む。
ソロアーティストとして、2007年に石野卓球のレーベル"PLATIK"よりリリースしたコンビレーションアルバム『GATHERING TRAXX VOL.1』にkensuke ushio名義で参加。
2008年12月にソロユニット"agraph"としてデビューアルバム『a day, phases』をリリース。
石野卓球をして「デビュー作にしてマスターピース」と言わしめたほどクオリティの高いチルアウトミュージックとして評価されている。
またWIREのサードエリアステージに07年から10年まで4年連続でLIVE出演を果たした他、2010年10月にはUnderworldのフロントアクトを務めた。

そして2010年11月3日、待望のセカンドアルバム「equal」のリリースを予定。
本作にはミト(クラムボン)が一曲mixを、alto nova(カールステン・ニコライ)がRemixを提供。
砂原良徳がキャリア初となるマスタリングを担当した。
またブックレットには本作とコンセプトを共有した円城塔による短編小説「equal」を収録する。