エッセンシャル・タミー・ウィネット
2004.11.17
アルバム
¥1,700+税
MHCP-471
カントリー・ヴォーカル界の女王のエッセンシャル・ベスト・アルバム。
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. Apartment #9 (Album Version)
  • 2. Your Good Girl's Gonna Go Bad (Album Version)
  • 3. My Elusive Dreams (Album Version)
  • 4. I Don't Wanna Play House (Album Version)
  • 5. D-I-V-O-R-C-E (Album Version)
  • 6. Stand By Your Man (Album Version)
  • 7. He Loves Me All The Way (Album Version)
  • 8. We Sure Can Love Each Other (Album Version)
  • 9. Take Me (Single Version)
  • 10. 'Til I Get It Right (Single Version)
  • 11. Bedtime Story (Album Version)
  • 12. Kids Say The Darndest Things (Album Version)
  • 13. Woman To Woman (Album Version)
  • 14. 'Til I Can Make It On My Own (Album Version)
1998年、55才で亡くなったカントリー・ヴォーカル界のファースト・レディ、タミー・ウィネットのエッセンシャル・ベスト・アルバム。タミー・ウィネットは1942年5月5日、ミシシッピー州イタワンバの生まれ。生後、数ヵ月で父親が他界するという不幸にあい、家族とともにアラバマ州バーミンガムに移住。祖父がもっていたいくつかの楽器を練習しながら、歌の勉強を始めた。17才で結婚、3人の子供を生んだ為、活動を中断。60年代半ばに”カントリー・ボーイ・エディ”というテレビ・ショウに出演。それをきっかけにナッシュビルに進出し、1967年にエピック・レコードからデビュー、1968年の「スタンド・バイ・ユア・マン」の大ヒットで人気を高め、トップ・スターとなる。1968年には、やはり、カントリー界の大物歌手、ジョージ・ジョーンズと結婚、その後、亡くなるまで、カントリー・ミュージックのファースト・レディとして大活躍しました。そんな彼女のベスト・ヒット14曲を網羅したベスト・アルバムです。

解説:歌詞:対訳付 / デジタル・リマスター

購入・ダウンロード

×

CDを購入

ダウンロード