林(はやし) 正子(まさこ)(ソプラノ)

東京都出身。東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程修了。安宅賞受賞。
「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「椿姫」ヴィオレッタ、「リエンツィ」イレーネ、「ラ・ボエーム」ミミ、「タンホイザー」ヴェーヌスなどのオペラ出演のかたわら、東京都交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等の交響曲やレクイエムのソリストをつとめる。又、96年、99年銀座セゾン劇場「マスター・クラス」のシャロン役もつとめ活動の範囲を広げた。98年、スイス・ロマンド管弦楽団のドイツレクイエム以後、オーストリアの音楽祭をはじめ、ナポリ、テアトロ・サンカルロのヴェルディ「レクイエム」と、ヨーロッパでのコンサート活動を始める。第3回藤沢オペラコンクール第1位、福永賞受賞。00年、トゥールーズオペラ国際コンクール入賞。01年五島記念文化オペラ新人賞受賞。02年「忠臣蔵」お艶、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」エーファ。03年「カルメン」ミカエラ、05「フィレンツェの悲劇」ビアンカ等を好演。
読売日本交響楽団・常任指揮者ゲルト・アルブレヒトと多くの公演を行っている。
04年ジュネーブ音楽院ソリスト・ディプロマ取得。現在ジュネーブ在住。すでに海外でもその実力から注目を集めている。
コンピレーションCD「image」ベスト盤「イマージュ・エッサンシェル」へ参加。