これまでに10枚のアルバムをUKアルバム・チャートTOP10入りさせてきたマニック・ストリート・プリーチャーズは、86年南ウェールズにて結成。ブラックウッド出身の幼馴染の4人組は、グラム・パンク風の装い、キャッチーなメロディー、政治/文学/哲学を詰め込んだ知性溢れる歌詞とギターロックの肉体性との見事な融合で、強固な支持基盤を得ていく。92年、ファースト・アルバム『ジェネレーション・テロリスト』を発表。95年2月、最高傑作と言われた3rd『ホーリー・バイブル』を生み出した後(しかも初のUS進出ツアーの前日に)、カリズマ的人気を誇っていたリッチー・エドワーズ(G)が突如失踪、行方不明のままという衝撃的な困難に直面する。

3人でのバンド続行を決意した彼らは、見事96年の4th『エヴリシング・マスト・ゴー』で商業的な大成功を収め、98年の5th『ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ』で初のUKアルバム・チャート1位を獲得。以降はUKを代表する国民的バンドとして確固たる地位を築いている。酸いも甘いも噛み分ける円熟味と哀愁漂う男気キャラを詰め込んだマニックスの作品群は、彼らのヒューマニティの魅力そのものと言える。

2012年、デビュー20周年で一区切りをつけた彼らは、同時に録音された双子の作品といえる、『リワインド・ザ・フィルム』(11th/13年)、『フューチャロロジー<未来派宣言>』(12th/14年)を2年連続で発表。また16年には、『エヴリシング・マスト・ゴー』の20周年記念盤を、17年には『Send Away the Tigers: 10 Year Collectors Edition』(輸入盤のみ)を発表し、新作、アーカイヴを見つめ直す、バンド自身の歩みを振り返る作業も並行して行ってきた。

近年はFUJI ROCK FESTIVAL‘14、SUMMER SONIC 2015、2016年には‘Everything Must Go’ 20th Anniversary Tourと3年連続で来日を果たしている。

 

L→R ショーン・ムーア(ds/trampet) / ニッキー・ワイアー(b/vo) / ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド(vo/g)

Photo ALEX LAKE