アーバン・グルーヴス
2002.07.24
アルバム
¥2,900+税
VRCL-6003
これぞ現在進行形で発展し続けるNYジャズの真髄!
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. Third Street
  • 2. Softly as in a Morning Sunrise
  • 3. Sid's Ahead
  • 4. In a Sentimental Mood
  • 5. Stella by Starlight
  • 6. Surrey with the Fringe on Top
  • 7. Irina
  • 8. Portia
  • 9. Afreeka
60年代、つまりポスト・バップ世代の数々の名盤に演奏だけでなく、作・編曲者としても参加し、それ以降のジャズ・シーンを支えてきたジョー・チェンバースが満を持して送る自信作登場。ゲイリー・バーツをサックスに迎え、自身はドラムスだけでなく、マリンバ/ヴィブラフォンも披露している。録音にオーバー・ダビングは一切用いられていないため、チェンバースが1曲の中で3種類の楽器を瞬時に使い分けるという離れ業も。また、ゲイリー・バーツとは60年代からの親友であるが、ようやく共演が実現したアルバムでもある。二人の息のあった演奏にも注目。アヴァンギャルド、フリー、モード、ラテンなど様々な要素が複雑に混ざり合いながらも決して難解な演奏に仕上げていないのは、チェンバースの編曲家としての才能のなせる技。まさしく様々な音楽が日々融合し、現在進行形で発展してゆくNYジャズ・シーンの今一番新しい形をとらえたアルバムと言えるだろう。


購入・ダウンロード

×

ダウンロード