BMGジャパン発売・伝説のハイブリッドディスク・ボックスセットがSA-CDシングルレイヤーになって復活。ヴァントの名を世界に広めた驚異のベートーヴェン全集を究極のサウンドで味わいつくす。北ドイツ放送(NDR)秘蔵のオリジナル・2トラック・マスターテープ使用!!

2018.12.21

[RCA Red Seal究極の名盤SA‐CDシングルレイヤー]
ベートーヴェン:交響曲全集
ギュンター・ヴァント&北ドイツ放送響
Beethoven: 9 Sinofnien | Gunter Wand
SACDシングルレイヤー 




■品番 4SACDシングルレイヤー:SIGC-43~46

■発売日: 2018年3月6日予定
■定価:12,800+税 
■仕様:SACDシングルレイヤー プラスティック・マルチケース 別冊解説書付き 音匠仕様レーベルコート 
■日本独自企画 完全生産限定盤
■レーベル: RCA Red Seal


ヴァントの名を世界に広めた驚異のベートーヴェン全集を究極のサウンドで味わいつくす。北ドイツ放送(NDR)秘蔵のオリジナル・2トラック・マスターテープ使用!!

■ドイツの巨匠ギュンター・ヴァント(1914-2002)の「ベートーヴェン:交響曲全集」は、1982年から北ドイツ放送交響楽団の首席指揮者に就任したヴァントが、ブラームスの交響曲全集に次いで取り組み、1984年の「英雄」から1988年の第2番・第4番まで、5年がかりで綿密なスタジオ・セッションを積み重ねて収録されました。当初はドイツ・ハルモニア・ムンディ(dhm)から発売されましたが全集としての発売はRCAで、世界的なヴァントの再評価に大いに貢献することになりました。
■北ドイツ放送(NDR)との共同制作という形を取ることによって綿密なリハーサルが可能な長期間のセッション・スケジュールが組まれ、納得のいくまで充分なテイクが積み重ねられた末に完成したこの全集では、スコアのあらゆる細部が吟味されつくし、各楽器のバランスにも細心の注意が払われることで、緻密を極めたヴァントのベートーヴェン解釈が実際の音として表現されています。ロマン主義的演奏とも、ピリオド奏法とも無縁でありながら、スコアだけを頼りにベートーヴェンの音楽の核心に到達し、その本質を開示しており、いわば20世紀演奏芸術の一つの極点ともいうべき名盤です。
■2007年にエソテリックとの共同企画として発売されたハイブリッドディスク盤(BVCC37473~77)のシングルレイヤー化。NDR所蔵のオリジナル・マスターからDSDマスタリングされたことで新鮮な響きを取り戻したと絶賛されたマスタリングです。



ギュンター・ヴァント
1912年エルバーフェルト生まれのドイツの指揮者。ミュンヘンとケルンで学び、ドイツ各地の歌劇場で指揮。第2次大戦後はケルン市の音楽総監督として同市の音楽活動の復興に力を尽くす。1982年、北ドイツ放送響首席指揮者に就任。ドイツ音楽を得意とする一方、現代音楽も積極的に演奏。2002年死去。


オリジナル・2トラック・アナログ・マスターからのDSDマスタリング/SA-CDシングルレイヤー(ステレオ)/音匠仕様レーベルコート採用/完全生産限定盤  

[収録曲/曲順未定]
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
DISC 1
交響曲第1番ハ長調作品21
交響曲第2番ニ長調作品36
交響曲第4番変ロ長調作品60
DISC 2
交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
交響曲第5番ハ短調作品67
DISC 3
交響曲第6番へ長調作品68「田園」
交響曲第7番イ長調作品92
DISC 4
交響曲第8番へ長調作品93
交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」

[演奏]
北ドイツ放送交響楽団
指揮:ギュンター・ヴァント
エディス・ウィーンズ(ソプラノ)、ヒルデガルト・ハルトヴィヒ(アルト)、キース・ルイス(テノール)、ローラント・ヘルマン(バス)
ハンブルク国立歌劇場合唱団[合唱指揮:ユルゲン・シュルツ]
北ドイツ放送合唱団[合唱指揮:ヘルムート・フランツ]


[録音]
交響曲第1番  1986年11月28日~30日、12月1日、3日~6日、ハンブルク、北ドイツ放送局音楽スタジオ・大ホール
交響曲第3番  1984年11月28日~30日、12月1日・3日~6日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
交響曲第2番&第4番  1988年10月10日~15日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
交響曲第6番  1985年4月1日・24日~26日・29日・30日、5月2日・3日、ハンブルク=ファルムゼン、ルドルフ・シュタイナー・シューレ
交響曲第5番&第8番  1987年2月25日~27日&3月2日~6日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
交響曲第7番  1987年10月28日~30日、11月2日~4日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
交響曲第9番  1985年2月27日・28日、5月26日~28日、6月17日~21日、ハンブルク、北ドイツ放送局

[オリジナル・レコーディング]
プロデューサー:Dr.ウルフ・トンプソン(第1番・第3番・第5番・第6番・第8番・第9番)、ゲラルド・ゲッツェ(第2番・第4番)、Prof.ウーヴェ・レー(第7番)
レコーディング・エンジニア:フリードリヒ=カール・ワーグナー、ヨハネス・クッツナー(第1番)、フリードリヒ=カール・ワーグナー、カール=オットー・ブレーマー(第2番~第8番)、ヨハネス・クッツナー(第9番)
[2トラック・オリジナル・デジタル・マスターからのトランスファー]NDR
[DSDマスタリング]杉本一家(JVCマスタリング・センター)(2007年)
[使用マスター]2トラック・デジタル・マスター(NDR所蔵)


[解説]舩木篤也「脈打つ音楽――ヴァントのベートーヴェン交響曲全集に寄せて」/ヴォルフガング・ザイフェル「ドラマとしての交響曲~ギュンター・ヴァントとベートーヴェン」/曲目解説:エックハルト・ファン・デン・フーゲン、ロルフ=A.ディンプフェル、歌詞対訳付き

■RCA Red Seal究極の名盤SA‐CDシングルレイヤー ほかのタイトルはこちら
2000年代にBMGジャパンから発売された限定ハイブリッド・ボックスを初SA-CDリングルレイヤー化
既存のDSDマスターをそのまま使用。音匠仕様レーベルコート 
日本独自企画 完全生産限定盤


◎2月27日発売予定
ビゼー:歌劇「カルメン」(全曲)
カラヤン&ウィーン・フィル
2SACDシングルレイヤー 定価:7,000+税 
■品番 SIGC41~42

http://www.sonymusic.co.jp/artist/HerbertvonKarajan/info/502258


◎3月6日発売予定
ブルックナー:交響曲選集1996‐2001
ギュンター・ヴァント&ベルリン・フィル
5SACDシングルレイヤー 定価:16,000+税
■品番 SIGC47~51

https://www.sonymusic.co.jp/artist/GunterWand/info/502259




rss