1964年にブラジルでデビューし、今なお活動を続けているブラジル最高の女性ヴォーカル・グループであるクアルテート・エン・シーのオリジナル・メンバーであるシナーラとシベーリ姉妹。



クアルテート・エン・シー:シーヴァ、シベーリ、シナーラ、シレーニという全員の名前が"CY"で始まるところから付けられた名前。



名盤名高い「クアルテート・エン・シー」(1st)や「ソン・デフィニチーヴォ」(2nd)を発表。その頃にはボサ・ノヴァのブラジルでの全盛期は過ぎ去り、反対にアメリカなど国外でのブームが起こっており、彼女達も国外での活動に力を入れるようになる。しかしメンバーの中でもこのシナーラとシベーリはあまりアメリカでの活動に乗り気でなく、このグループと平行してデュオで歌うようになり、このアルバムこそがその唯一の作品となっている。



リオやサンパウロで行われていた音楽祭に出場したのをきっかけに注目を集めるようになり、遂に68年に行われた第3回国際音楽祭で見事に優勝し、この年にグループとして出した5thアルバム「EM CY MAJOR」を最後に、正式にデュオとしての活動に専念するようになり、このアルバム「シナーラ・イ・シベーリ」をリリースした。